横浜のトランクルームのデメリット

トランクルームは、置き場所に困るものを長期・短期にかかわらず保管可能なサービスとして、個人・法人を問わず利用する数は日に日に増えています。個人では、引越しやリフォームなどで一時的に保管する場合や、楽器などの趣味で使用するものなど、また法人では、保管期間内の書類やイベントで使用するものなどを保管していることが多いようです。トランクルームには屋内型・屋外型があり、保管するものによって適正な使い方をすることが大切です。屋外型でも、大型倉庫の中にあるタイプと完全に外にあるタイプでは湿度や温度が異なり、車の横付けが可能か不可能かなども利用する際の条件として考える必要があります。最近では屋内型も増えていて、横浜周辺でもレンタル収納ペースと同様に増えています。

探し方は保管するものによって決まる

駅周辺では、屋内型の利用が多く、『こんなところにもある』というようなことも少なくありません。屋内型は空調設備が整っているため、温度や湿度管理が必要なものや、比較的出し入れが頻繁に出来るものを保管しています。使わなくなったピアノなども、楽器専用の保管室が備わっているところであれば保管可能です。まずは『大きさ』と『空調設備の要・不要』を考慮し、屋内・屋外の選択をします。大きなものでも空調設備が不要であれば、車の横付けが『可能』か『不可能』かで、利用するトランクルームも異なります。横浜周辺では、屋内型も屋外型も数多く存在しているので、空きがあれば近い場所を利用するのが便利です。屋外型はある程度土地が必要なため、駅から少し離れた場所で営業していることが多いものです。

便利でセキュリティ面でも安全な場所を

数あるトランクルームの中から選ぶのであれば、利用料金・セキュリティ・設備など気になるものです。増えているからこそ、利用客の希望に沿ったところも探せば必ず見つかります。長期にわたって使用しないものでも『必要だから保管しておく』ためであり、屋外なら断熱性能やセキュリティ対策がとれている環境でなければなりません。屋内型に比べセキュリティ対策が遅れがちな屋外型も少なくないため、実際に目で見て確認することが大切です。また営業時間が24時間であれば問題はありませんが、時間が限られているところもありますので注意が必要です。横浜だけでなく、都内や近隣の県にも店舗を持つところが増えています。利用するなら、評判が良いところを調べたり、口コミを参考にするのも一つの手段です。