横浜にあるトランクルームの傾向

トランクルームの活用方法は、以前と比べ多種多様になっています。家において置くようなものが保管できれば便利という発想もあり、倉庫代わりに利用するだけでなく、クローゼットやタンス・押し入れ代わりに使えるようになったことはとても有意義なことです。サービスを提供する会社も増え、需要と供給がマッチしている感があります。コンテナボックスが並んでいるところもあれば、ビルごと屋内タイプの収納スペースになっていてセキュリティ対策も万全など、形態や種類でも選択肢が増えました。保管するものの変化が、横浜周辺にあるトランクルームの傾向とも言えます。最近は屋外タイプでも衛生面の整っているものが多くなったせいか、利用する人が年々増えていて横浜も例外ではありません。

今や金庫と化している利用法とは

貴重な物や思い出の品、大切なものはトランクルームへ保管するという利用の仕方もあるようです。空調設備や防犯対策の整った屋内タイプでは、その環境を上手く利用している人も多く、横浜でも利用方法の傾向が以前とは少しずつ変わってきています。引越しやリフォーム時の一時保管に利用するケースは相変わらず多いものですが、それ以外では扉を開けると自室かクローゼットか、あるいは書斎なのかと思えるような書籍がぎっしり本棚を埋めるなどの使い方をしている人も少なくありません。またガラスケースにコレクショングッズが並んでいるようなケースもあり、空調設備や防犯対策などの環境が完備していることで、これほどまでに保管できるものが増えるということを実感させられ、利用方法の広がりを感じます。

個人だけでなく、企業でも使い方いろいろ

企業では、保管期間内の書類などですぐに棚がいっぱいになってしまうこともよくあります。最近のものだけを社内においてそれ以前の書類は一旦倉庫へ保管することが通常でしたが、最近ではそのような場合にトランクルームを利用することが増えてきました。空調設備やセキュリティ対策が行き届いているため、その方が安心で安全ということから使われ始めましたが、今では当然のようになっています。また在庫商品を抱えている場合や、事務用品や事務機器の保管にも欠かせません。横浜ではこうした企業が、屋内タイプ・屋外タイプで保管する商品ごとに使い分けをしています。利用する人も企業も様々ですが、使い方にもいろいろあるようです。これからも屋内タイプはとくにまだまだ増えるのではないでしょうか。